記憶は国の力

ホロコースト記念日、戦没者記念日、独立記念日と、イスラエルに降りかかった厄災、失われた命を覚え、記憶する「祭り」が続く1週間。記憶と追悼の週。

イスラエルが「何かが違う・・・」と感じるのは、彼らが単に喪に服し、痛むための日ではないからでしょう。

イスラエルでは、「記憶」が国を一つにしていく力であり、子供たちが未来を生きていく力である、と捉えています。ですから、「祭り」を「記憶の継承」と訳した方がいいかもしれません。

亡くなった一つ一つの命と記憶(記録・歴史)を、国の宝として継承します。

歴史を歪めることなく記録し伝えるため努力し、自らを哀れみ、かわいそうだと思い込むような 被害者意識を育てるのではなく、「記録」と「記憶」が未来を建てあげる力となるよう育てることを大切にしています。

過去を忘れてしまうのでもなく、だからといって恨むのでもなく、良い未来に進んでいくための土台として残す。

とても難しいことなのですが、そうあろうとする姿勢が垣間見える週です。

イスラエルの心を肌で感じる期間が、毎年4-5月にやってくる3つの記念日。

・ホロコースト追悼日[ヨム・ハショア](4-5月 独立記念日の8日前)

・戦没者記念日(4-5月 独立記念日の前日)

・独立記念日(4-5月)

深いテーマではありますが、今回はこの3つの記念日についてなるべく簡単に紹介します。

ホロコースト追悼日(ヨム ハ ショア)

写真はエルサレム旧市街のシオン門のそば、シオンの丘にある「ホロコーストミュージアム」

この日は、ナチスドイツのユダヤ人絶滅計画のために亡くなった600万人の同胞・家族たちを覚えます。

毎年公式の祭典が行われる他、失われていく生存者の声を残そうと様々な取り組みが行われています。中でもミュージアムで有名なホロコーストの研究機関であるヤドバシェムでの取り組みは、亡くなった一人一人を洗い出す途方のない作業。

しかし、それこそが命に焦点を当てるイスラエルの姿勢です。被害者意識ではなく、痛みや悲しみではなく、彼らがどう生き、またどう死んだのかその記録を残し、記憶する。

そして私たちはどう生きるのか、子供たちをどう生かすのかを問います。また個人でも、記憶するという意識は高く、各家庭、親族、学校でもさまざまな形でこの週にイスラエルの命のあゆみに触れます。

photo by:www.facebook.com/ramathsaronmunicipality

近年広がりつつあるのは、「zikaron ba salon」(記憶のリビング)と言うオープンハウス。

ホロコーストサバイバーのいるお家や、その子供たちの家に集まり実体験を聞く、という取り組み。(申し込めば参加できるそうですが、ヘブライ語がメインです。)

独立記念日の8日前に当たる日で、全国で定刻に黙祷が行われ、レストランやカフェも閉まります。

この日から7日間は娯楽施設は休館し、ラジオからは陽気な音楽は流れず、国中が喪に服します。

戦没者記念日(ヨム  ハ ズィカロン)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AyYp0Xfs24PDFpXgnp45LN5-2x-ZyTSLm1GCPffZ13FAUdauKXXkmREsmfys_MJuzM5aH1P7EcpyZYJPbA8AlSoGlrmITuJ7QYcG2whwbseTQV8W1YWACJO2mK2cwfcv1sUDzmfP

ホロコースト追悼日から7日目に戦没者記念日があります。

この日は、イスラエル建国当初から亡くなった多くの家族・同胞のことを覚えます。

イスラエルでは、戦争で亡くなった人はその地位に関わらず、「へルツェルの丘」へ埋葬されます。命の重さがみな等しく平等であることをいつも感じます。

この場所は現代イスラエル建国の父、「テオドール・ヘルツェル」の眠る丘で、ホロコーストミュージアム(ヤドバシェム)の隣に位置し、建国への思いが詰まった緑豊かな美しい森です。

両記念日には、娯楽施設の他、レストランやカフェも閉まり、ホテルではお酒の提供をやめます。

私の隣人のおじいさんで仲良しのYさんが、ある5月の気持ちの良い日にヘルツェルの丘へ連れて行ってくれました。

ピクニックでもしたくなるような美しい丘。

自然の森の中に緑と花が丁寧に手入れされ、穏やかで爽やかな風の吹く、気持ちの良い場所でした。

そこに並んでいたエルサレムストーンと植木。

ここにあるお墓には、一つ一つに、故人の好きなものや花や木が溢れ、賑やかでカラフルで、イスラエル人だな〜と微笑ましくなります。

photo by:https://images.app.goo.gl

友人のYさんは、31才の息子、エマヌエルを亡くしました。

空軍の優秀なパイロットでした。

訓練中、一緒に乗っていたパートナーのパイロットが気絶。最期の瞬間まで諦めず、仲間に声をかけ続けた…そんな勇敢な姿が記録されていたそうです。

お墓へ一緒に行くと、椅子を並べて座り、彼の最期の姿、その時の家族の思いを語り聞きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2CGSTHzFwgGzl8oGw_owp8tE0IsXUKlvXEvmCP1190KKPOzf5XhZMkKsvCmVH4_8Pcczo_jKMcWXuIfwLuUIJnBHW7y5D3ufcFpzRrB4bz_lnT91G0M19uSmYO_-kJ6ZOebqbxDy

キンカンの木が植わっていて、大きく成長し、実をつけていました。Yさんはそれをいくつかもいで、水で洗い私たちに手渡しながら語ります。

頬張るとみずみずしくて、ハッとするような美味しさ。

見るとあちこちに椅子があり、ああ、それぞれのストーリーをここでゆっくり語り、記憶しているのだなぁ…とわかりました。

Yさんは、「飛行機事故で亡くなった息子もここに埋葬してくれたんだ。息子も国の誇りとして扱ってくれたのだ」と、イスラエル軍の態度に誇りを持っていました。

彼の深い悲しみの中には、怒りも憎しみも感じられません。

「軍へ行けば今でも息子を忘れず、私に声をかけてくれるんだ。」と誇らしげに、そして「イスラエルは、たった一つの命も小さいものとして扱わない。」そう語ってくれました。

子どもたちを軍に送り出す気持ちはどんなものなのでしょう。

イスラエルが今このように存在し続けているのは、イスラエル軍が勝ち取ってきたから…今も守っているからであることは間違いないのです。

photo by:https://images.app.goo.gl

ふと気が付くと、並ぶお墓に刻まれた年齢は19才…21才…25才…19才…

うっかり泣きそうになりますが、、、家族を見るとそうじゃない。

写真が飾られているお墓には、彼らの笑顔が輝き、ただ悼むだけで終わらない、絶対忘れないけれど、前を向いて希望を繋いでゆく、未来を感じさせる場所です。

国中に響き渡るサイレン

photo by:https://images.app.goo.gl

ホロコースト追悼日と戦没者記念日には、朝とお昼の2度、国中にサイレンが鳴り響きます。

この時、車に乗っている人もバスに乗っている人も外に出て、街中の人がその場に立って頭を垂れ、または敬礼し、黙祷を行います。

photo by:https://images.app.goo.gl/atAqcazhietAgjtK8

その景色を初めて見た時に感じた感動は魂に焼き付いています。

サイレンがなる直前まで何も変わらないイスラエルの賑やかな日常。その全てを止め、町中にサイレンの音だけが響き渡る瞬間、この国のバラバラなのに一つという奇跡を目の当たりにします。

イスラエルが大切にする「記憶」は、敵への恨みや憎しみではなく、いつも命への姿勢です。

難しい問題を山のように抱えていますし、綺麗事ばかりではありません。

しかし命を最優先する心がそのベースにあることは確かで、こんな姿を見るたびに、イスラエルに惚れてしまいます。

独立記念日(ヨム ハツマウート)

一週間の喪が明けた晩。戦没者記念日の晩です。

晩ですよ?さっきまで喪に服していたはず。(※イスラエルのお祭りは、全て夜から始まります。)

どこからともなく漂ってくる炭火焼の肉のいい香りと、ワインを飲んだり賑やかな声、陽気な音楽が聞こえてきます。

「独立記念日」です。

初めて体験した時は、全く心がついていかず、大いにビビりました。切り替えの速さ!!!!!エルサレムの至る所でライブが始まり、歌い踊る群衆。

フジロックってこんな感じなんじゃないだろうか…(行ったことはないけど)

この切り替えの速さも、イスラエルの強さの秘訣。いつまでもうじうじしない。悲しむ時に悲しみ、喜ぶときに喜ぶ。このメリハリが、負の感情や不安に負けない、希望を持ち続けるイスラエルのあり方です。

次の日のお昼にもなると、街中の芝生という芝生の木陰にBBQセットが並び、国中が肉の焼ける香ばしい煙に包まれます!どこに行っても炭火焼きの匂い!!

この光景は圧巻。(いつその大量の肉を買っていたんだ。)

2年目以降、私もBBQを楽しみました。

イスラエルの持つ特徴はこの命に対する考え方、「記憶」と「喜び」にあると思います。

悲しみに取り込まれず、与えられている命を喜び、楽しみ、満喫する生き方。

失われたもの、痛みを決して忘れないし、誰よりも記憶して語り継ぐけれど、そこで生きる喜びを絶対失いません。

いや、むしろ更に喜びを増し加えて、悲劇に勝利しているように感じます。

独立記念日にはイスラエル軍が飛行ショーを行い、国民がフィーバー!

コロナ規制の無くなった2022年はBBQの群れが国中の芝生を埋め尽くすことでしょう。

生きる喜び。悲劇や理不尽との付き合い方。命と希望。イスラエルの魂に触れる週。少しはお裾分けできたでしょうか。